SOIV工法がリフォームの概念を変えます

SOIVとは、昭和アルミ外断熱通気性外壁(Showaalumi Outside Insulation Ventilation)の略で、が30年にわたるリフォーム工事、より良い外壁はどうあるべきか研究した結果導き出された日本の風土に適した外壁です。この外壁を実現するために当社独自の工法をあみだしました。

■ アルミサイディング材が5000番系アルミ超合金
■ 樹脂系の素材にアルミ板を封入させ、強度と耐久力に優れた、これも最高峰の素材を胴縁材として使用
■ ビス1本にも手を抜かないで、施工
■ 特殊断熱材を施工
■ 既存の壁を補修した上で芯材として利用するため、既存壁を壊したり新築する必要が無い
■ 謳い文句ではなく、冬暖かく、夏涼しい。しかも結露せず、湿気がこもらない。魔法の家に

というものです。

日本の家屋の断熱とは

内断熱工法

内断熱
内断熱の外壁

従来からの建築方法で建てられた家屋の断熱方法です。グラスウールやロックウール、またはウレタンフォームを柱と柱の間に入れる工法を内断熱(充填断熱)工法といいます。
従来から広く行われてきた工法で、現在日本の多くの家屋がこの工法で建てられています。
●構造体の暑さ一杯に断熱材を施工できるため,厚い断熱材を使用できる
●床板の下に断熱材を施工するため,床が冷えにくい
●低コスト
 などのメリットから日本の住宅に適合した断熱工法として広く施工されていました。
反面、壁内結露が発生しやすく、断熱材にカビが発生すると、健康に影響を与えかねない。断熱材と構造体とで熱伝導率が異なるため、暖かさにムラができるなどのデメリットがあります。

外断熱工法

これに対して柱の外側から断熱材を貼るのが外断熱(外張り断熱)工法です。
外断熱住宅とは、家全体を構造体の外側から断熱材を直接貼り付けてしまう住宅のことです。
この工法は優れた高気密性(気密をとることが容易)を保つことができ、保温性・保冷性、遮音性に優れるという特徴を持っており、その結果光熱費のコストダウンや、冬暖かく、夏涼しいといった理想的な家づくりが可能になります。
しかし、この工法はもともとコンクリート躯体に適した工法でした。マンションなどには向いていても、一般住宅には対応が難しいのが実情でした。リフォームは不可能でした。

外断熱通気性リフォームへ

外断熱の外壁

この外断熱工法を改良し、リフォームに応用したのが昭和アルミ独自の「外断熱通気性工法」です。SOIV工法と名づけました。
これは、既存壁を断熱材として利用し、その外側に通気層、さらにその外側に断熱効果のあるサイディング材を施工するもの。 お客様の環境──寒冷地などの地域、お住まいの状態等──に応じて既存壁の外側に防蟻性能をもった特殊な断熱材「パフォーム・ガード」を施工しさらに外側にアルミサイディングを施工する場合もあります。
これによって、壁の構造そのものを変更するといった大規模な工事をすることなく、一般住宅での外断熱リフォームが比較的低コストに、短期間で可能になります。しかも、既存壁、サイディング材と二重の断熱材を使うことになり、より効果的で間に空気層を設けることで、既存壁を通過した湿気が、壁内に溜まることなく通気されます。
  外断熱工法が、高気密すぎるために、常に強制換気が必要といったデメリットも解消されました。

壁内結露を防ぐ

現在の日本の住宅は90%の殆どは、内断熱工法(壁内充填断熱工法)で、現状の住まいの環境は、既存の壁と住宅の内壁の温度差により、その四季に応じて、結露が生じ(夏でも結露が生じています)、カビや腐食の原因になっております。
最近の日本経済新聞や朝日新聞に築数年で、結露が原因で、住宅の木材が腐食してしまった・・・という記事が発表されており、シックハウスの原因は実は、結露が原因だったと社会問題になっております。

壁の中の部分で見えないところで、結露がでているのかどうなのか? わからないところでありますが、今の住宅の内断熱工法による結露の被害は、高気密で高断熱で建ててある住宅であれば、あるほど、事実としてあります。
この結露の被害を防ぐ為、昭和アルミとしては、断熱性のある外壁材を今の既存壁の上に施工しております。
しかも、既存壁と高断熱外壁材との間に通気性をもたせ、外断熱効果により、今の既存壁と内壁の温度差を少なくして、湿気を外へ循環させ、壁内に結露を生じにくくしています。
かびも結露がなくなれば、無くなりますので、そうすることにより、今の住宅が快適な環境で腐食しにくい、家にしていくことが可能になります。

ガラスの結露は美味しく見えますが、住宅の結露は百害あって一利なし、です。